Happy Life

新しいチャレンジ

2017/08/11 Fri

_MG_2948_1.jpg

なんのこっちゃ判らないですよね。(笑
判らないで良いんです。
新しい試みなので今のところは順調に増殖してくれていますので
このまま拡大培養していきます。
その過程で現在使ってるタマミジンコの株よりも優秀ならば
種の変更も視野に入れて培養中です。

ミジンコの培養方法ですがベストではありませんが
ベターな条件を発表しましょう。
このままそっくり真似てもらえば失敗なく培養できるっていう条件が
ある程度煮詰まってきました。
色んな意見や方法があるのは重々承知なのですが
誰がやっても成功しないといけませんので特殊な方法や手段は省きます。

まず入れ物ですが最低でも20Lの水が入れれる物を用意してください。
小さいとミジンコを飼育するだけなら問題ありませんが増やして餌として与えるほどは
殖えません。
出来れば20Lの入れ物が3~4つあればさらにグッドな感じです。複数で
培養していれば全滅も防げますので無駄な出費も減ります。
水道水の塩素を中和するだけで問題ありません。
太陽光に1日当てるとかは昭和のやり方ですので僕はやりません。
めんどいもん。アクアリストならば普通、マーフィードの浄水器ぐらい使いますよね。
手段はどうでもよいので極弱めのエアーレーションをしてやります。
酸素の供給の意味が少しあるのと水面に油膜が出るのを防いでくれます。
エアーが強いと上手く増えない事があります。
ミジンコが踊るように流されていたらやり過ぎです。
生クロレラを入れるわけですが出来れば僕が使ってる不飽和脂肪酸を含むハイグレードな
物を選択してください。ここで僅かな金額を惜しむと残念な事になってしまいます。
生クロレラですが最先端のやり方ですとスタートは2000~5000倍希釈で使います。
この幅は種のミジンコの量で変化します。ミジンコの量が多ければ多いほど
クロレラの消費は増えますから一定ではありません。
温度は出来れば30℃までで抑えられるとベターです。
35℃とかになるようでしたら小さな扇風機の風を水面に当てて冷やしてください。
クロレラの希釈が2000~5000倍ですと確実に翌日には透明になって
クロレラは完全に消費されています。
3日目終了までは同じ濃度で足して問題ありません。
3日を過ぎるとミジンコの増殖スピードが指数的に上がりますので
1000倍のクロレラ希釈で対応してください。
これ以上濃くしますと水流が無い分底にクロレラが沈殿してしまい腐敗して
水質悪化から増殖しなくなります。
4日が終了しますと十分な密度になっていますので新しい入れ物に株分けします。
それぞれの入れ物のミジンコ密度が等しくなるように調節して
1000倍希釈でやっていけるように調整しますと培養液が長持ちします。
今のところ2週間~3週間でリセットするのが理想的なデータが得られました。
人情でどうしても少しクロレラを多い目に入れてしまう傾向にありますので入れ過ぎた時は
底に沈殿したクロレラを拡散させるという意味でも1日に1~2回かき混ぜてやると
殖えるスピードも上がりますし培養液も長持ちします。

なんか長々と駄文になってしまいましたので続きはまた明日にでも

常にチャレンジしないと

2017/08/10 Thu

まあ、予想はしてましたが寂しいコメントでしたね。
模倣っていうのはある種、練習でもあるわけですから
構わないと思います。しかし自分で発信して売買して代金をいただくわけですから
お手本通りではなく自分で理解してなんと言えば良いのか難しいのですが
自分の中で噛み砕いて自分の言葉で発信出来れば一人前なのかな~と思うわけですよ。
それを寂しい事に工業製品なので価格だけと言われるとやってるこちらとしては
ここで色々発表して皆さんの参考にしてもらうのに張り合いがないというか
お猿さんはどこまでいってもお猿さんということで置いておきましょう。

今、新しい培養をやっています。
実は1回目は先月からやっていたのですが見事に失敗して
只今、再チャレンジ中です。
失敗の原因を良く考え失敗を糧に2回目は今のところ順調です。
もう少しうまくいくようだったら規模を広げて培養して行こうかと考えていますが
販売はまだまだ先になりそうです。
販売って事は先にも書きましたがどんな質問にも答えれるぐらいの知識と経験がないと
いけません。と勝手に解釈してますので半年ぐらいは最低でも時間が必用かと思います。
でないと僕自身が猿真似と言われそうですからね。(笑
それ以外にもそろそろ写真でも載せようかと思っているのですが
また違う培養をしています。
こちらは少しシビアで道具の殺菌状態が結果を物凄く左右するみたいで
グウタラな僕には凄くハードルが高いのですがなんとか技術を習得して
スキルアップにつなげていきたいです。
そんな事覚えて何になるねん!と言われそうですがミジンコとワムシの時も
そうでしたが掘り下げて研究してみると今までの常識が通用しないというか
アクアの凄い根源というかすごく深い部分の理屈が判ってくるんですよね。
そうすると新しい事が閃くわけですよ。
おそらくですがめだかに限らずアクア全般の飼育技術というか理論がここ1~2年で
僕は凄くスキルアップしているのが自分で感じられるのですよ。
めだかの品種改良はからっきしですけどね。(笑

なかなか迷路に迷い込んだようです。

2017/08/09 Wed

ミジンコ培養ですが色々難しい事が多く培養に矛盾が一杯生じていました。
その一つが過度なエアーレーションが出来ないって事でした。
水流が作れないのでクロレラを高濃度で入れると底に溜まってしまい無酸素状態になるので
腐敗して水質を悪化させ結果的にミジンコ培養が短命に終わるってパターン。
そこで最近言われていたのがかなり薄くクロレラを入れ短期間で培養液を入れ替えるって方法。
これを昨日は見学に行ってきました。
crim75.jpg
この画像は昨日クロレラを足して水量に対して2000倍ほどにした感じです。
これで培養3日目ぐらいのはずなのですが半日後には下の画像のような感じです。
crim78.jpg
ほぼクロレラは消費し尽くされ真っ透明になっています。
この時間が長く続くとミジンコはエサが切れたと認識してしまい耐久卵を持つようになって2~3日で消滅して
しまいます。
ですのでもう少しクロレラの量を足して培養してやらないといけません。
もう一つ気になるのが果たして今まで通り収穫できるぐらい増えてくれるのか?ってとこですね。
まあ、まだ始めて1週間も経っていませんのでなんとも言えませんがミジンコ密度とクロレラ濃度の
関係というか収穫とのバランスがどれくらいのクロレラ濃度で釣り合うのかデータがそろうと良いのですが。

以前の日記のコメントで京都のクロレラ屋さんから購入されたとコメントされていた方が3人いらっしゃいましたが
その京都の人はこんな風にミジンコの培養方法とかをちゃんと公表したり自分で色々実験されてノウハウを
蓄積されて購入者にフィードバックされているのでしょうか?
色々、実験されていてまともな方なら是非その結果をお目にかかりたいのですが
可能でしょうか?

ミジンコ見学

2017/08/08 Tue

神戸のみじんこ仲間のところへ見学に行ってきます。

まだ発表出来るレベルじゃないのですが色々と試していますが
そんなに上手くいかない事が多いです。
今回の見学で何か突破口が開けると良いのですが。

ミジンコ、リセットしてみました

2017/08/07 Mon

久しぶりに変な方にからまれてしまいました。
数をこなしているとどうしても出現します。モンスターが。
申し訳ありませんがそんなに普段から講釈たれて背伸びして高い
価格の物を販売してませんのでレベルがどおって言われても僕も困るのですが。
そういった物が欲しいなら単品売りできちっと現物販売されている方から
ちゃんとした対価を支払って買っておけば良い話じゃないですか。
僕も良いめだかというか気に入った物を買う時は一切値切らず言い値で購入しています。
それが作られた方に対する礼儀というものだと理解しています。
なので正直に申し上げますと貴方が購入される窓口を間違っただけですから。(笑

以前にも書いてますが僕は技術的な事でしたらいくらでも教えれますが品種の作出という
事に関してはどうやら才能がなさそうなので聞かないでくださいね。(笑

まあ、気を取り直してミジンコの培養ですが先週大がかりに半分(6本)リセットしました。
先日から言ってるようにかなり薄い目のクロレラの量で培養しています。
もう長いもので1週間になるのですが培養自体は順調なのですが収穫量でいうと
以前に比べ少しさみしい物があるかなぁ~と。
一応、不純物の量の関係も調べたいので早い目のリセット体制を今回はやってみようかと。
早い目というからには目途を2週間にして順次リセットしていく感じですね。
残りの6本は今までと同じように2~3ヶ月引っ張るやり方で比較してみます。
crim75.jpg
crim77.jpg

これぐらいで2000倍希釈ぐらいの濃度です。
これでもごく一部ですがクロレラ及び老廃物が底に沈殿していきます。
この老廃物が無酸素状態になるのがダメなようなので色々対策を考えていきたいと思います。
crim72.jpg

台風5号ですが写真の一番右を通ってまた南の海上に抜けて
勢力を立て直して再北上ってありえませんよね。
そんな事になったら無限ループですもんね。(笑
大きな被害が出ない事を願っております。
プロフィール

年男のかば

Author:年男のかば
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR