FC2ブログ
Happy Life

毎日パトロールご苦労様です。

2017/06/16 Fri

毎日毎日、暇な貴方!お勤めのルーチンワークご苦労様です。
そんなに気に成る位僕の事が好きなのですか?
残念ですが僕には好きなガールフレンドがいてますので貴方にかまってあげれないと思います。(笑

さてさて、本日はシュリンプに対するミジンコ・ワムシ・クロレラの効能があるのかないのか?
ですがあると僕は信じているのですが(爆   シュリンプの世界だと明確にエビの活性が上がるとか
稚えびの生存率が高いとか成長が早いとか目に見える成果が必用なのです。
まあ、それはめだかの業界でも同じなのですが。それでもめだかとは食性が少し違いますので
同列で物事を述べるのは少し乱暴なのかと。

そこでいくつかの提案と申しますかやっていただきたい事が数点あります。
シュリンプの場合、新しく水槽をセットして実際にエビを投入して飼育するまで
少し時間がかかります。
なのでセット時に淡水ワムシを少々と生クロレラを1万倍程度になるように入れていただき
3日ほどまわしていただきます。おそらくその時点で水はクリアーになってるかと思われますが
さらに前回入れていただいた同量のクロレラを投入いたします。するとワムシは増えているはずなので
ほぼ1日でクリアーになるかと。
ワムシを顕微鏡下で観察していますと常に水と一緒にクロレラを吸い込み体内で濾して
また排出しています。その時に吸い込むのは別にクロレラだけではないのでフィルターの代役を
いたします。
つまり、水槽セット初期において水質が不安定に成りがちな時期にワムシを投入する事によって
ワムシに濾過バクテリアの補助をさせるわけです。
増えたワムシは水中にも漂いますが濾過スポンジや濾材にも定着して増えます。
増える=濾過する事なのでセット初期においてはそれなりに効能があるのではないかと
推測されるのです。
と言いますかここまではえびもめだかも全く一緒なので確実性が高いです。
そこらへんでえびを投入してもらい増えたワムシを食べるような行動を起こして
くれれば尚ベターなのですがここからは実際の実験待ちといったところでしょうか。

また、明日もためになる記事を書こうかと思っています。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

年男のかば

Author:年男のかば
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR