Happy Life

珍しくめだかの話をしてみましょうか

2017/04/07 Fri

今、現在僕のめだか飼育での悩みは産卵の継続を科学的に理解する事です。
科学的という事は誰がやっても同じ結果が導かれるって事です。
経験とか勘ではなく日本中の誰でも同じことをすれば同じ結果が得られるわけですから
ある意味真実って事ですよね。

今、現状ですが20本程度の種親水槽があり毎日採卵しているわけですが
日常の変化がないように気を付けているにも関わらず水槽毎に産卵数で変化が
かなり有る訳なんですよ。
品種によっても産卵数の変化の幅が違うんです。
めだかの年齢的な性成熟の具合の違いなら理解出来るのですが
そうじゃない部分で判らない事がまだまだ多いと云いますか、
一体なんなんだろうって?事柄が多すぎて頭がパニックになりそうなわけです。
その際たるものがオロチでこの品種は気まぐれで安定して毎日予定通り産んでくれないのです。
僕の予定通りっていう数字は入れてるメスの数×10を目安にしています。
10ペア入れているなら毎日採卵数が100ないといけてないわけです。
勿論、生き物なので全て予定通りってわけにはいかないのは承知の上なのですが
それでも10ペア入れていて半分がちゃんと仕事していてくれればクリア出来る数字なんですよね。
5匹が20ずつ産んでくれれば100ですからね。
それがひと月で3000個。半分孵化してさらに半分育てば750匹ですか、
現実的な落としどころでしょうね。

全ての品種でその通りにいけば笑いが止まらないのですが
まあ、そんな簡単ではありませんね。
なので以前は漠然と飼育していたのを最近はきっちり毎日ノートに記録しています。
各水槽の産卵数の変化を毎日チェックして5段階評価を入れて
統計とまでいきませんがその変化の波から何か気づく事があるのかも知れないと。
日にち毎で言えば全体に産卵数が少なければ室温が下がって水温も低下したとか
水替えの温度が低すぎたとか外出が多くてえさの回数が減ったとか考えられる要因が
有る訳なんですよ。
なので今度はそれをもう少し長いスパンで考察してみようかと。
そうしたら今まで見えてなかった何かが見えて来るというかピンと来る
何かが思いつくかもしれないかなぁ~と。

まあ、やらないといけない事は多いですよ。
濾過槽の掃除のタイミングもありますし、与えるエサの変更とか
今、考え中なのはミジンコ水槽を増やして種親はミジンコだけとか。
そうしようと思ったら今の倍の面積が必要かな。
なので効率よく増やせる培養方法を模索しているわけですよ。
特にミジンコはネットで掬うと親ミジンコは引っかかるのですが
幼生はかなりスルーんですよ。
その幼生を稚魚に与えるともの凄く喜ぶというか成長が早い気がします。

そんな事ばかり毎日考えて妄想しています。馬鹿ですね~。
理想的なめだかの繁殖具合で言いますと現在は目標達成率20%ぐらいですね~。
今年一年頑張ってみてなんとか30%ぐらいまで引き上げたいです。
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

ん~確かに繁殖は結構難しいですね。

私なんてこの頃やばいくらいメダカやエビが☆になってます。
最初は60センチ水槽でエーハイムの外付け室温30で水温28でやってたがそれでも☆に餌はミジンコにしたいが繁殖が・・・冷凍のミジンコや市販のを使ってます。今は水槽は30キューブで小分けしてます。

No title

そんな時は水槽をリセットした時にワムシを入れる事をお勧めします。濾過細菌がまだ定着してない段階でもかなり生物濾過してくれるのですごく水が安定しますよ。
プロフィール

年男のかば

Author:年男のかば
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR