FC2ブログ
Happy Life

しくじり先生を見て Ⅺ

2015/11/17 Tue

阪神大震災はショックでしたね。
自宅も少し被害ありましたがお店が心配で夜が明けきらぬ内に
車でぶっとばして点検に行きました。
途中、道路が陥没してて突っ込みフロントがグシャっと逝きました。
幸運な事にお店は事務所の机が1台だけ倒れていただけで特に大きな被害が
無かったのですが夜が明けてTVで神戸の惨劇を目の当たりにして絶句でしたね。
大きな取引先が阪神電車石屋車庫下にあったので
震災の翌々日から復旧作業のお手伝いに行っていました。
まだ倒壊してた家がそのままで歩道に被害に遭われたご遺体が並んでいるような状況でした。
幸いにも火は燃え移らなかったのとそこの従業員さん達は無事だったのが不幸中の幸いでした。

そんな感じで業界的にはここから右肩下がりの流れに。
でも本当はオオクワガタブーム、クリスタルレッドシュリンプのブームと
大きな流れが来てたのでこれに乗り切れなかった業者が沈没の憂き目に・・・。
そんな中で僕はベトナムでホワイトタイプのダトニオを探し当て一発当てましたね。
それぐらいか・・・。
この震災後ぐらいにまた大しくじりな人生の選択が待っていました。

世の中の流れが少し澱んだ嫌な雰囲気が漂い出した頃でした。
でも本質的なところは違っていたと当時から思っていました。
震災をきっかけに日本総国民全てが携帯電話を持つ時代に突入したのでした。
機種本体価格ゼロ円で売り出したのもこの頃だったのです。
だって今まで家庭の中での固定費としての通信費なんて4000~5000円だったはずですよ。
インターネットなんてまだまだ普及してなかった時代ですからね。
それがいきなり一家に2~3台の携帯が。料金は一家で2~3万。バブルが弾けてますから
給料も上がんない。でも便利でやめれない。
そうなると何か節約しないといけません。
そんな時代の大きなうねりが来ていたわけですよ。

ここで攻めにでるか守りに入るかの選択で大きく業績が変わったわけです。
攻めに行ったのが当時ではペットバルーン。社長のフットワークが軽かったですね。
南米にワイルドディスカスを直接買い付けに行き新ジャンルを切り開き
種まきも収穫もここから10年収益の柱になっていたのではないでしょうか。
やっぱり現地での根っこの部分の情報を握っての商売は強かったですね。
海水魚でもサンゴの輸入や近海ものの販売など手を広げて業績を伸ばしてましたね。
反対に守りに入ったのがグレートアマゾン、アフリカだったのではないでしょうか。
なんとなく徐々にジリ貧に右肩下がりに・・・・。元気がなかったです。

この頃って本当にまだネットで情報が氾濫してなかった時代だったので本当はやりやすかった
はずなんですよ。
金脈を探り当てるまで努力は必要でしたが。
アメリカに行けば爬虫類のブリーダーエキスポがありましたし、日本ではオオクワガタブーム、
クリスタルレッドビーのブームと余力のあるうちにお金と人材をつぎ込めば良かったのですが
当時ではそんな事を思いつかなかったのでしょうね。

僕はというと暗黒の時代に突入してました。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

年男のかば

Author:年男のかば
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR