FC2ブログ
Happy Life

しくじり先生を見て Ⅹ

2015/11/16 Mon

グレートアマゾン編ですがその前にアフリカの社長に謝っておかないと
いけませんね。
家族のように接してもらっていたのに不義理なことをしてしまい本当に申し訳ありませんでした。
当時は若造だったので何にも判っていなかったです。
今となって経営者の孤高の苦しみというもんが理解できるようになりました。
やり直せるものではありませんが当時の判断をお許しください。

そんな感じで色々あって転職する事に。
好きにやらせてもらえるということで本当に好きにやらせてもらいました。
24歳の若造が好き勝手やってしまったので大変な事になってましたが
そんな状態な所に寄ってくる人間ってロクなのがいませんでしたね。
N,A、N、H、K、I、U、Y、N、本当に曲者ばかりでした。

当時の人脈でまだ付き合いがあるといえば一人だけかな。
他はみんなアウト!ですね。(笑

そんな感じで大変業界がバブっていた時代だったのでみなウハウハだったのは
ないでしょうか。

グレートアマゾンでは今までと同じ事だけをやっていても消耗戦になるので
何か収益の柱になるものが必用ということで水草に力を入れる事にしました。
まだADAがブランドとして立ち上がっていませんでしたので高価だったのですが
デュプラやデナリーのCO2システムに水銀灯みたいな感じでやってました。
1セットが20~30万してたのではないでしょうか。
CO2システムだけでですよ。
半年ぐらいしてからでしょうか、アマノがビニール袋の吊り下げという今では考えらないダサい
パッケージでCO2のボンベとレギュレターを売り出しました。
パワーサンドとかも販売してましたね。
販売当初はパレングラスもなかったのでデュプラの物を流用してました。
それでも今までのヨーロッパの物に比べるとかなりのお手ごろ感があり飛ぶように
売れました。
ネコも杓子もリシアとグロッソの時代でした。(笑
そんな勢いでADAがブランド化に乗り出し銀色の今のパッケージで
販売しだしました。
まあ、そりゃ売れましたね。これでもか!っていうぐらい。
雑誌も空前の水草レイアウトブームで凄かったです。
ここまでは時代の読みもばっちりでした。

おそらくですが当時は日本一ADA用品を売ってた気がします。

当時の下馬評ではアフリカの看板で商売してたのに上手くいくはずがないというのが
大方の業界の判断でした。
なのでそんな悪評に負けないようにがむしゃらに働きましたね。
オープンから丸1年以上一日も休みなしで朝から晩遅くまで働きました。
輸入の仕事でも例えば当時カージナルテトラが夏場市場から姿を消すので
6月ぐらいまでに7月、8月分のストックとして3万匹ぐらいをバックヤードで飼育していました。
ブラックアロワナなんかの稚魚でも数千匹単位でストックして欠品に備えていましたので
よその店で欠品中でもうちでは豊富な在庫量があってそれなりに集客してましたよ。
当時では珍しく健康な状態のアルタムエンゼルも数千匹ストックして全国に発送していました。
薬の使い方も当時かなり勉強して今でもそれは役立っていますね。
ブラックアロワナのプラチナタイプをいち早く見出し信じられないような高値で
さばいてみせたのも当時では初でした。
そんな感じでこんな好景気が3~4年続くのでした。
グレートアマゾンの時にもフロリダ、LA、ドイツ、ロンドン、香港、台湾、バンコックと
いろんな所に行かせていただきました。
ディスカスだ!って言う時にはドイツのグーベル氏の自宅まで行きましたよ。
でも馬鹿だから18金のデイトナを買ったり、アルファロメオ1750ベローチェとか164とか乗り回したり
新地で飲んでみたり背伸びして無理をしてたので破滅へのカウントダウンのスイッチを知らずに
押してしまっていたようです。
アフリカでもアマゾンでも僕にこれだけ任せてやらせてもらえたのですから
変な勘違いせずに懸命に働いて恩返しすれば良かったのに本当にダメンズですね。
今でも業界で自分はイケていると勘違いしている若いコ達がいますがおじさんから見ると
道を踏み外さないかハラハラどきどきしています。
当時の僕も含めそんな存在程度だと吹けば飛ぶようなものですから。
控えめにして先輩やオーナーをたてて敬う生き方をした方が賢いですよ。

阪神大震災を境に業界の方向も少し変化して来てそれに対応できないお店が
この頃から少しずつ閉店していきました。
大きな時代のうねりが来ていたようです。
グレートアマゾンでも少し波風が高くなってきました。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

年男のかば

Author:年男のかば
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR