FC2ブログ
Happy Life

しくじり先生を見て Ⅳ

2015/11/08 Sun

続いてアマゾン河の中流域最大の街マナウスに移動。
今でいう経済特区の街で関税がフリーだったのかな。
そのおかげで外資の企業がたくさん入っていましたね。

マナウスに来た目的はブラックピラニアの捕獲でした。
マナウスの少し上流で黒いネグロ河とアマゾン本流が合流しています。
その黒いネグロ河を遡っていくわけです。

まあ、ピラニア釣りは比較的簡単なので短時間でけっこう釣れましたね。
持って帰る分も十分捕れたのでオーケーですね。その中で良く見ると
当時では幻だったエロンガータピラニアが1匹混じっていました。

ネグロ河は水質が貧栄養状態なので他に捕れる魚の種類が少ないのです。
これ以外だとブリコンぐらいだったかな。後はナマズが少々ぐらい。

本流の方へ移動するとレッドテールキャットやタイガーショベルなどおなじみの魚がよく釣れました。
でもね釣れるサイズがすごく大きいので日本には持って帰れないので
主に食べました。
あんまり面白い話がないですね。

マナウスにはアマゾン最大のシッパーであるターキーアクアリウムがあります。
故シュワルツィ博士の作った熱帯魚の輸出会社ですね。
そこで日本に持って帰る魚の買い付けです。
なんせ安い。(笑
ブラックアロワナが1匹50円だったかな。カージナルテトラなんて5円。
1000円に達する魚を探す方が難しいんですよ。
そこでたっぷり買い付けてベレンのグランデ小川さんの温室に送ってもらうんです。
なんだかんだで大きな発泡の箱で20箱分ぐらい。

そんなこんなでマナウスでも10日間ぐらいのジャングル遊びを満喫して再びベレンへ。

ベレンに着いてからはドラードキャットの採集に行きました。
刺し網で大きな個体はいくらでもかかるのですが持って帰れるようなお手頃サイズがかからないんです。
それにかかってすぐに引き上げないとピラニアとか他の肉食魚の餌食になってズタボロになってしまって
なかなかこれが難しい。
1週間の滞在期間の間でなんとか20cmの幼魚を1匹だけ確保しました。

ベレンにも輸出業者があってそこは日系の方の経営でした。
本当はそこで大発見があったはずなのですがしくじってしまいました。
まだ日本には紹介されていなかったスタージョンキャットというナマズが5匹ぐらい泳いでいたのです。
それを見たのははっきり覚えているのですが単なるショベルノーズキャットだと思い込み買わなかったのですよ。
だって見た事も聞いた事もない魚だったので認識できませんよ。
自分で釣り上げたりしたのなら見た事ない魚なので興奮もしますがタイルのたたきの池に入っていて
上から見てショベルノーズと同じ体型なら見過ごしてしまいます。なんとなく髭やヒレ先が長いな~って
感じでしたよ。
帰国後2週間ぐらいしてそれが日本初入荷で入ってきて価格が25万でした。
あの時にどうやらグランデ小川さんは気づいていたようでした。

まあ、もう30年も前の話なので時効ということでぶっちゃけますが当時はコンプライアンスなんて
感覚がなかったのでお金になるような物はなんでも持って帰っていました。
薬には手を染めませんでしたが色んな亀とかいろんなトカゲとかカエルとか・・・。

そんなこんなで日本に帰る日がやってきました。
持って帰る箱数は25箱。(笑
これを輸出ではなくスーツケースと同様に預けるわけです。
今の中国人の爆買い状態みたいなもんです。
オーバーチャージもわずかな金額でオーケーです。
乗客が少なかったらなんでもありだったのです。

ベレンからリオに飛んでリオから帰国だったのですが
リオの空港ホテルに部屋を取ってもらい酸素ボンベを用意してもらい
出発間際にもう一度水替えと酸素チャージをやり直しました。
そのおかげでほぼ100%生きて日本に着きましたよ。

成田には松坂さんが迎えに来てくれていました。
一旦、松坂さんの温室に行って魚を分けて羽田に送ってもらい大阪に
戻ったわけです。
アフリカで持って帰ってきた魚を降ろしクタクタで帰宅。
さすがに疲れましたね。
アマゾンで採集した魚のうちいくらかは自分で飼育。それ以外は全て売却。
50万ぐらいになったのかな。
120万ぐらい使って50万回収出来たからまあ御の字ですね。

でもね、一旦現地での原価を知ってしまうともう日本で買い物が出来なくなってしまうんですよ。
ここからですね、海外の買い付け癖が付いてしまったのは・・・。

次回からチャラチャラ学生編です。
まだ大きなしくじりは出てきません。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

年男のかば

Author:年男のかば
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR