FC2ブログ
Happy Life

コップで孵化12日目

2014/12/10 Wed

寄生獣を見てきました。
映画を見に行ったのはすごく久しぶりだったのですが
最近のCGはすごく良く出来ているんですね。

でもなんかCGに合わせて演技しないといけない役者さんが可哀そうに思え
CGを観に行ってるのか役者の演技を見に行っているのか判らないなぁ~と
考えていましたよ。

でも、映画自体は良かったですよ。

メールで質問が来てたのでそれにちょっとお答えしようかと
思っています。
質問の的をえているのかどうか判りませんが・・・。
このシリーズの中でめだかは低酸素でも大丈夫だぁ~って書いた事に対して
だったのですが。
その証拠によその国のめだかですがノソブランギウス属なんて雨季に
水たまりみたいな場所で繁殖して乾季の始まりと共に親は水が干上がる事が原因で
死滅しますが卵は水分の少し残った泥の中で来る雨季まで受精卵の状態で
夏眠するじゃないですか。
親も卵も新鮮な水にふれるわけでもなく淀んだ低酸素の水で生活して
いるわけです。
日本のめだかもそういった意味では水たまりみたいな田んぼで生活したり
して水流のない場所を選ぶ傾向が強いのです。
卵の産みつけられる場所も水流の強い場所には絶対に産み付けられません。
つまりめだかの生態を観察していればおのずとめだかの卵にエアーレーションは
無意味だと導かれるわけです。
少しでも孵化率を上げたいと思っての行動でしょうが無意味などころか
足枷になって孵化率を下げているわけです。
まあ、馬鹿の一つ覚えみたいなのが通用しないぐらい生き物は多様性に富んでると
いう事です。
もう一つ、「採卵の時に筆を使って卵を採る」ですが確かに僕も10年以上前に
そんな風に教えられました。でも1日でおかしい事に気づきました。
筆で採ろうとすれば親を空気中に上げなくてはいけないのです。
濡れタオルの上に寝かして筆でそぉっとなぞって採るのですがどう考えても
親めだかに負担をかけます。
なのでアミで掬って水中で指で採っちゃう今のスタイルになりました。
網の質さえ間違わなければ親めだかも傷つきません。
まあ、産卵床に産み付けさせる方達には関係のない話ですが・・・。

ちゃんと茶化す事なく書きましたよ。

_MG_6910.jpg
_MG_6916.jpg
今日はコップの方は40匹孵化してました。
残ってる卵の量からしてもそんなもんでしょうね。
特には何もないです。
_MG_6919.jpg
_MG_6921.jpg
プラケの方はなんと62匹も孵化してました。
すごいですね。でもね、卵がもうほとんど残っていないんです。
明日まで待ちますが打ち止め終了かも知れません。

まあ、結果が全て出ればおさらいで総括でもしてみます。
スポンサーサイト



コメント

Secret

No title

寄生獣の番宣で言っていましたが、何も無いところで演技をするのがとっても大変だったそうです。
オイラも最近映画などまったく見に行っていません。
面白そうなので行ってみようかな。
めだかも本当に奥が深くて、エビよりも手がかかって大変ですが、
元気に泳いでいる稚魚たちは可愛いし、葡萄のように卵を付けているメスのパワーには感動を覚えます。
カップの数も日に日に増えて、毎日の帰宅が楽しみですよ。
プロフィール

年男のかば

Author:年男のかば
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR