FC2ブログ
Happy Life

めだかの飼育の事⑦

2019/09/20 Fri

死なせる人ほど検疫って意味が分かっていません。
新しくめだかを購入したら必ず検疫してください。
うちの水槽の中で泳いでいたら勿論健康ですよ。
でもね、パッキングして発送するとなんらかのダメージは負うので
発病のリスクは必ずあります。
袋の中って閉鎖空間なのでその中でウンコしたら当然アンモニア出ます。
ゲロ吐いて食べかけの餌を戻して水質悪化もよくあります。
水量に対してめだかの匹数が少なければそんなに問題ありません。
酸素の量も重要です。
このバランスは経験しかないですね。
どれだけ失敗してきたか、その失敗は原因は何やったのか?
つまり学習してきたかどうかですね。
まあ、そんな感じで健康なめだかも輸送のリスクがあって健康を害してる事が
多々あると理解してください。
以前書いたと思いますが僕は他人のケアを信用していません。
信用しない方が良いです。
まずは疑ってかかってください。
それとクレームを言うって事は違いますからね。(笑
なので届いたら水合わせして水槽に放すわけですが元々の飼育魚のケースには
入れたらダメです。
どんな病気を持ち込むか分かりませんから。
それと絶対に横から見ないとダメなので出来る限り水槽をお勧めします。
上から見るだけじゃ見えない部分があります。
まず呼吸を確かめてください。
水質悪化でえらが痛んでいると呼吸してる時にエラ蓋が完全に閉じないです。
少し外に反り返っているイメージですかね。
それえら病です。
これ横から見ないと分かりません。
野外飼育で高温酸欠で飼育してる人からめだかを送ってもらうとよくあるパターンです。
横から見てないからそのまま送っちゃうんですよね。
なのでとりあえずトロピカルNと塩水0.5%で薬浴です。
これで3日間様子見ます。
症状出てなかったとしてもやって下さい。
そして使う網やお椀も他の水槽と区別しましょう。
世話をする時は新しい魚は一番最後。
そしたら最悪病気持っていても既存の魚にうつらないから。
ヒレの色もよく見てやってください。
白く濁った縁取りしてたらヒレぐされ病の前兆です。
すぐさま、グリーンFゴールド顆粒で薬浴です。
初期段階なら翌日には軽減されています。

分かりやすくやっちゃダメな事を書きましょう。
新しく届いためだかをいきなり野外の直射日光ガンガンの入れ物に投入。
尚且つ、しばらく水替えもしていない入れものPHが下がっているのでアウトです。
調子が良い入れ物があるからといって既存のめだかの入れ物もダメです。

検疫って覚えたら後が凄く楽ですよ。
変な病気を持ち込まないって凄く重要です。
特に馬鹿にしてるわけじゃないですがホームセンターに入ってるショップや
道の駅なんかの販売は気をつけてください。買うな!とは言いません、
自分で良く見て調子を良し悪しを判断して下さい。
簡単な判断基準ですが底でベタ~としてたら手を出さない方が良いです。
人が近づいて中層よりも上で泳いでいるようならOKです。
ぶっちゃけ殺すのは99%自分のせいだと認識して飼育してくださいね。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

年男のかば

Author:年男のかば
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR