Happy Life

安物はダメだ。

2016/05/27 Fri

中古の顕微鏡ですがやはり安物はダメですね。
試験的に覗いてみたんですが見えるのはホコリだけ。(笑
ちっともワムシもミジンコも見えません。
肉眼ならかろうじて判るのですがこの顕微鏡は肉眼以下の倍率です。(爆

なので今度はもう少し高くて中古でもしっかりメンテナンスされた物を購入します。

ワムシ&ミジンコの培養にけっこう手間がかかってしまっているので
まだブラインに頼っています。
最近はわかす段階から栄養強化です。
塩2%前後にブライン10g、これに生クロレラを10cc&アスタキサンチンパウダーを耳かき一杯。
これで20時間30℃で孵化させて分離した後に4時間寝かせてから給餌。
なんか卵の質と量が良くなっているような気がします。

はっきり言ってもう養鶏場並みの管理体制です。(笑

良い餌を与えて良い卵を産んでいただく。
そしたら後の管理が楽なんです。
判る人には判るのですが判らない人はスルーしておいてね。

それとワムシ&ゾウリムシに変わる初期の飼料もお試し中です。
今年一年データを取って良ければ来年販売でもしますか。
ダメならお蔵入りですが・・・。

メーカーさんがちょこちょこ来られるので色々お話が聞けて楽しいです。
業界から遠ざかっていたのですっかり浦島太郎ですけどね。
スポンサーサイト

顕微鏡買いました。

2016/05/25 Wed

ミジンコとワムシ観察用にオリンパスの中古の顕微鏡買いました。
届いたのですがやはり値段なりでした。(笑

視野がホコリだらけ。(爆

まあ、そんなに厳密ではないのでOKか。
akame04.jpg

アマゾンでホール付きのスライドグラスとカバーガラスを頼んだので明後日ぐらいから
観察できるかな。
それで大丈夫なら接眼レンズの方に取り付けるデジタルスコープを
注文して記録するかな。

今日になってようやくタマミジンコの増殖が確認できました。
成熟するまで1週間近くかかりましたね。
殖えだすとおそらく毎日倍々ゲームだと思うので
大きな培養槽を用意しないといけません。
一応、90cm水槽が2本余っているので使うつもり。

淡水ワムシは順調です。
クロレラを追加して深緑になっても3日で透明感が出ます。
それだけ増殖している証拠なのですが実際に目で見ないと
確信が持てないのですよ。
1ml中に何匹いてるか判らないと与えている量が適格かどうかも
怪しいですからね。
ヒルガタワムシは壁面にくっつく習性があるって話なので
水中にどれだけ漂っているのかも謎です。
状況によってはヒルガタワムシは使えない可能性もありますからね。

akame01.jpg
akame02.jpg
akame03.jpg

無事に赤目アマガエルのオタマが上陸してくれました。
これで本番のニホンアマガエルにも挑戦できるってもんです。
今回は11匹中10匹無事にカエルに変態してくれました。

本当にどうしようもない

2016/05/22 Sun

本日、午後から先ほどまで8時間ぐらいOCNの通信障害でネットに繋がらず
メールも見れなくてオクの取引ナビも見れず仕事になりませんでした。

クロネコの伝票作成ソフトも旨くサーバーに繋がらず本当に
大丈夫なのか心配です。
なのにOCNは謝罪のアナウンスも一切なし。
勿論電話も一切繋がりません。

それでも正規のお金を払わないといけないのか?

上陸開始

2016/05/21 Sat

アマガエルのオタマジャクシに足がはえ手がはえあっと言う間にカエルになって
上陸いたしました。
可哀想に1匹だけ気づくのが遅れて溺れてなくなってしまいました。

たまたまですが昔のお友達で両生類のプロフェッショナルな方がいてましたので
アマガエルの飼育論を聞かせていただきました。
そのついでに有力な情報をいただきアマガエルの変異個体を多数ゲット出来そうな感じです。
持つべきものはやはり友人ですね。
ネットにはこんな情報落ちてませんでしたからね。

でもまたゲージを買わないといけませんね。
本当に眠る場所が無くなりそうな勢いです。

ベランダにハンモックでも吊って寝ますか。

それで早速電話してみたんですよ。
10年ぶりぐらいかな。ある人に。

そしたら久しぶりやん!って感じで良い返事をもらえました。
アマガエルはさらに数タイプの色彩変異個体があるそうで
地域で色目が違うみたいですね。
さらにトノサマガエルの事も聞いてみたのですが
トノサマの色彩変異個体もあるよ!と。
ファンタスティック!
カエルのプロを目指して頑張ります。

でも忙しいですね。
めだかのプロ、ワムシもミジンコもプロを目指さないといけないので
大変ですね。(笑

アタマがオーバーヒートしそうです。

2016/05/20 Fri

水槽数が増え基本的に2日1回の掃除というか水替えなので
水替えも増え仕事が忙しい。
朝、6時に起きて7時前には活動してますが本当に追いつかない。
そのうち昼ごはんも食べれなくなるかも。
でも痩せませんけどね。(笑

あれこれ、ミジンコやワムシの培養を始めたのも原因かも。

近所でパートさんの募集の張り紙を貼ってみたが効果なし。
時給千円からなのにだれも来ない。
カイコの幼虫のせいか・・・。

でもなんとかしないと本当に頭から煙が出てエンストしそうな気配が。

忙し過ぎて本当にニンニク注射にもいけていません。
コーヒーの焙煎に至ってはコーヒー仲間の後輩を無理やり作って僕の分も
焙煎させている始末。
経験値が上がらないと上手くならないよ!とささやいています。(笑

午前中だけで良いから本当に誰か来てくれないかな~。

弟子入りOKにしようか。ちょっと考えます。

以前、うちの裏の特別支援学校の生徒さんの独立支援の為にどうですか?と
話をした事があったのですが指定の作業所を通さないと補助金や仕組みはわからないのですが
障害者年金等がもらえなくなる?とか。
僕にすると善意で言っているつもりだったのですがあの人たちはとりあえず行政から取れるものは
全て取ってその中で決められた範囲での収入を得る事しか考えていないようで
さらに作業所も行政から生徒一人につきいくらみたいな感じで補助金を受け取って経営して
作業者には雀の涙程度のお給金を払い、ベンツのオープンカーに乗って通勤されています。
まあ、本当に仕組みはよくわかりませんがダニのような連中が援助金(税金)に吸い付き
私腹を凝らしている事は間違いがないのですがそれでも障害者を持つ親御さんの多くは
働かないといけないので学校が終業すると放課後はそういった作業所に子供さんを
預けないとやっていけないようで、ある種必要悪のような存在のようです。
まあ、よく判りませんがだれも真剣には障害を持った子供が社会的に独立するなど
考えていないようで僕の勝手な理想論だったようでした。

まあ、そんなこんなでもう少し頑張るしかないのですがまた水槽が12本新しくやってきます。
そのうち置くところが無くなってもう後は寝室しか残っていませんので
テントで寝泊まりするか。

現状こんな感じです。

2016/05/17 Tue

kurorera01.jpg
kurorera02.jpg
kurorera03.jpg
kurorera04.jpg
kurorera06.jpg
kurorera05.jpg
kurorera07.jpg
kurorera08.jpg
kurorera09.jpg
kurorera10.jpg
kurorera11.jpg
kurorera12.jpg

ワムシはよくわくのですがタマミジンコがまだ餌に使えるぐらい増殖しません。
ワムシはこの調子だと45cm水槽で3本のローテーションで賄えそうな気がします。
まあ、実際は一度、顕微鏡で1ml中にどれだけの匹数が入っているかチェックしないと
いけませんけどね。

タマミジンコは卵から孵化して成熟して卵を産むまで3~4日かかるみたいなので
爆発的に増殖しだすのは今週末ぐらいからかなぁ~。
10Lのガロン瓶でどれくらい収穫できるのかまだ未知数なんで実際は何本セットしたら良いのかも
判っていません。

ブラインシュリンプが要らないぐらい増えてくれたらすごく助かるのですが・・・・。
それでも自己満足の世界なのでドライイーストは使わずコストがかかっても
生クロレラを中心とした培地での培養にこだわっていきたいです。

ワムシわきまくり

2016/05/15 Sun

淡水ワムシ多分ですが凄い濃度でわきまくりです。
45cm水槽で培養しているのですが
0.5cm先が見えないぐらいの濃度のクロレラを入れたのですが
3日目にしてかなり先まで見渡せるぐらいの薄さに変化しました。
それだけワムシがクロレラを消費して分裂して増殖してくれている証拠です。
なんとなくですが凄い小さな点々が白濁りしているようにも見えます。
ああ、早く顕微鏡が欲しいのですがちゃんとした顕微鏡は恐ろしく高価なのですよ。
出来ればデジタル一眼カメラで撮影できるちゃんとした光学顕微鏡を安く買える方法って
ないでしょうか?
ヤフオクで出てますかね?

タマミジンコも休眠卵から孵化して一杯わいていますので
クロレラにさらに醗酵鶏糞エキスを足してブチ込んでみました。
こちらも10Lのガロン瓶で試験的に培養して状況をみてガロン瓶10本にするか
90cm水槽数本で培養するか選択していきます。

革命前夜

2016/05/14 Sat

技術革新があって一気に問題が解決しそう。

どっか遠くへ釣りに行きたい

2016/05/11 Wed

先々週ぐらいだったかな、大阪ローカル番組で「今チャンの実は」って
いうのがあってそこで関西の若手芸人が体をはったロケをするのですが
与那国島でカジキ釣りってロケでした。
羨ましいなぁ~って感じで見てたのですがそのカジキ釣りの船の船長が
学生時代に2回目のアマゾン旅行の時に一緒に旅した友人でした。
カジキ釣りが好きで移住したのは知ってたのですがそんな名物船長になってるとは。
ふくよかで元気そうに映ってましたので一安心でした。

番組を見て携帯に電話しようかと思ったのですが
iPhoneの電話帳を開くとその名前が4件も!(笑
どの番号が友人のものか判断がつかなかったのでスルーしてたんですよ。
そしたら今朝、LINEに突然その友人の名前が登録されて来たので
びっくり!
すぐさま電話した次第でした。
まあ、お互い近況を報告しあって友人は営業用のHPもやってるとの事で
「勝丸」
与那国に行く用事があれば是非チャーターしてカジキ釣りにチャレンジしてみてください。

僕は一度秋ぐらいに行ってみようかと思っています。

気のせいか?

2016/05/10 Tue

あまり他人のヤフオクは見ないようにしているのですが
ちょっと攻撃的な方が増えてきてるのかなぁ~?って感じです。

しかも丁寧に赤字で大きな文字で!

自分のめだかに対するスタンスをアピールする分には何とも思いません。
ただ、あまりにも露骨に他人のスタンスをこきおろし自分の行動を正当化するのは
喧嘩を売ってるも同然です。
それならそれで喧嘩を買っても良いのですが最近はワムシの培養やミゾンコの培養、
ヨットの操船の勉強等、大忙しなのでスルーにしておきます。(笑

そんなどうでも良い事は置いておいて勉強すればするほど迷宮に迷い込む感じがして
答えが見つかりません。
やはり生き物の飼育に正解っていうものはないのでしょうか。
そんな事をしてたらもう次の生き物がやってきました。(笑
写真はまた後日アップさせますが日本アマガエルの色彩変異です。
このカエルのためにカイコの販売を始めたようなものですからね。
今週末にはオタマジャクシも来ます。

丹波篠山に住んでるファーマーをやってる友人にお願いして近所で捕れる
アマガエルの変異個体やアルビノオタマも御願いしています。
目標は年内に1000匹ぐらい増やす事ですね。
そしたら自分ちだけでカイコが消費出来るもん。

まあ、それでも出品の写真等はチェンジしておきます。(笑

真剣に勉強すればするほど難問です。

2016/05/08 Sun

森さんごめんなさいこんな本を買ってしまいました。笑

「私説 ミジンコ大全」

なかなかコアな一冊です。

ちょっと真剣に勉強してみます。
出来ればミジンコ屋さんが開業出きるぐらいの
技術を身に付けてみたいです。(笑

3日間、ミジンコを真剣に考えてみて判った事といえば
鶏糞はかなり臭くないとミジンコは増殖しないぞ!って事だけですね。

まだ本が届いていないのでなんとも言えませんが
発酵鶏糞のアンモニア入りエキスが肝心要な肝のような感じです。
でも臭い!すでに発注済みです。
ミジンコは予備も含め室内で90cm水槽3本体制で培養する予定です。

エサの栄養強化の問題もあるのですがミジンコの餌のクロレラの培養もなんとか
理論的なものは理解できたのでおそらくスムーズに培養できそうな感じです。

頑張れおれ、凄いぞ俺!って感じですね。

届いたのですが。

2016/05/07 Sat

タマミジンコの耐久卵と生クロレラが届きましたが
設備の用意が出来ていないので週明けから培養開始です。

ただワムシが淡水ツボワムシが手に入らなかったので代品で淡水ヒルガタワムシをいう
種類のものを手に入れてみたのですがよくよく調べてみるとこのヒルガタワムシをいうのは
壁面にくっつく習性があるみたいで増殖も壁面なのでちょっと使いにくいぞ!と今頃気づきました。

淡水ワムシ自体はどこにでもいてるものらしいので自宅の水槽内からでも分離出来る可能性は
あるのですが果たして顕微鏡も染色でも出来ない僕に種の同定と純粋培養なんぞ出来るのでしょうか?

飼育用品の商社の営業の方にお願いして淡水ワムシを探していただいているのですが
果たしてどうなるものか・・・。
滋賀県とかの公的水産試験所なんかでは増殖の技術開発は出来ているみたいなのですが
僕みたいな怪しい人間に種を分けてくれるのかも甚だ疑問です。
京都水族館にお願いしてみようかな。(笑

生物・化学は得意だったはずが・・・。

2016/05/02 Mon

学生の頃は一応理系で生物・化学・物理は得意科目でした。
さすがに四半世紀もその手の本を読んでいないと今の情報に全く
ついていけません。
先日、アップしたミドリゾウリムシの培養ですが豆乳は良いのですが
ハイポネクスはいただけません。
というのも単に増殖させるだけで本当に栄養価があるのか疑問なんですよ。
色々、調べていますと水産関係の養殖場ではかなり生まれたての稚魚に対する
エサの研究が進んでいてやはりワムシの栄養強化がなされていてビタミン類や
不飽和脂肪酸とかその他もろもろの成分をワムシに食べさせる緑藻類の培養段階で
様々な栄養素を添加して培養してるんですね。

僕が考えている培養は3系統あってクロレラにビタミン類、不飽和脂肪酸を添加して培養したものを
淡水ワムシに与えて栄養強化して稚魚に与えるのと
同じクロレラにさらにヨウ素カリウムを添加してそれをミジンコに与えて成魚に与えるパターンと
ブラインにアスタキサンチンとスピルリナを与えて色揚げ効果を狙ったエサ作りを考えています。

まあ、夏までに安定して作れる技術を身に付けたいですね。
珪藻類の培養とか出来るようになればシュリンプやプレコの繁殖にも
応用が利くみたいだし、濾過細菌の培養とかも視野に入れて勉強したいですね。
プロフィール

年男のかば

Author:年男のかば
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR