Happy Life

僕は自分で

2018/03/02 Fri

ちょっと孵化直後の針仔の事を書いて欲しいとの事でしたので
凄い我流ですがじっくり読んでいただき真似出来る方は一部でも良いので
取り入れてもらえれば光栄かと思います。

blo2.jpg
blo3.jpg

孵化したてってこんな感じです。
ちゃんと孵化する卵ってこんな感じで目がはっきりしてて
透明感があります。濁ってるとどうかな~?って気になりますね。
この卵だと100%孵化します。
顕微鏡で見るとこんな感じです。
[広告] VPS

ちゃんと鼓動してるでしょ。
ここからの作業は孵化した稚魚と残ってる卵を分離しないといけません。
それはこんな感じにスポイトの先をハサミでちょん切ります。
blo1.jpg
これで稚魚を吸い出すか卵を吸ってしまうかで分離します。

分離した稚魚は流れのないもしくは極力緩やかな入れ物に移してやります。
大きさはそんなに大きくなくても大丈夫ですよ。3Lぐらいが使いやすいかな。
孵化したての時は体力がないので水流に負けてしまい無駄にエネルギーを消費して
死亡する事が多いです。
blo4.jpg

生まれたての針仔に与えるエサですがワムシかゾウリムシ、もしくは卵の黄身を固ゆでして
水に溶かしたものを与えるのですがうちでは栄養価が一番高いワムシを培養して与えています。
なければゾウリムシでも黄身でも構いませんよ。
与える量ですがかなりアバウトでもOKです。
blo6.jpg
blo9.jpg
写真のスポイトの中身がワムシの培養液です。
なんせ生きている事で水中を漂うワムシが水を飲みこんで有機物を取り込みますので
水も浄化されるという具合なわけですよ。
なので与えすぎに注意はしなくてOKというわけです。
[広告] VPS

こんな感じで水をどんどん吸い込んで綺麗にしていってくれています。
これをセット仕立ての水槽なんかに応用すれば水質も良好に保てるのですが・・・。
1分40秒ぐらいのワムシの行動がちょうどそんな感じですね。

そんな感じで孵化してから1週間ぐらいまでワムシを与えるとすごく歩留りが良くなります。
孵化して最初の3日間をどう乗り切るかで成績はすごく変りますのでヨークサックが付いていようが
いよまいがガンガン、ワムシを与えてください。
なかには孵化したての稚魚はヨークサックを吸収するのでしばらくエサなしでも平気とかって
昭和の万博時代の話をされる方がいてますがそんな事を言う人はメダカの稚魚の事を何にも
見てませんから!
確かに卵から出てきて水面に上がれない稚魚には大きなヨークサックが付いています。
反対に孵化した直後から水面に上がって泳ぐ稚魚をよく見て下さい。
スマートですから。これは孵化のタイミングと刺激によるのですが孵化までの間に
卵黄の部分の栄養を吸収して十分泳げる状態まで成長して出て来てるのです。
こういった稚魚は活性が高くすぐに餌を食べて成長します。
反対に水底で横たわって泳げない稚魚はなんとなくですが元気がなくて活性が低く
歩留りが悪いような気がしますね。
なんせ講釈たれる暇があったら生体を観察しましょう。
そこに答えが全てありますから。
カビの生えたような古い知識なんぞ何の役にも立ちません。

最初の1週間さえ乗り切ればそこからは十分人工の飼料でもブラインでも
みじんこでも食べて育ちますのでそんなに難しくないです。

ちゃんと孵化する卵でちゃんと管理して育ててやれば1000匹なんてあっという間に
育ちますよ。
孵化率1割以下なんてちゃんと管理してたらありえません。(笑
スポンサーサイト

頼まれごと

2017/07/09 Sun

色んな方から色んな頼まれごとをします。

今、頭をかかえているのが少しジャンル違いのあるものの培養。
頼まれごとなので何かは言えませんが検索してもなかなか役に立ちそうな
情報が出てきません。
これはまた大きな大阪市立図書館に行って一日調べものをするか
もしくは同じく市立博物館の学芸員の方に質問するかぐらいしかないですね~。
ああ、こんな時に猿真似が出来るとどんなに楽なのか。(笑
どないかして府立でも市立でも構わないので水産試験所の方とお知り合いになりたいです。

そうだ!京都水族館の館長に聞いてみよう!でも忙しそうなので調べてくれるかなぁ~。
せめてこの本が良いですよと教えてもらえたら助かるのですが・・・。

それにしても早くメンテナンスに出している顕微鏡が却ってこないと色々
遊べません。(笑

あ!そうそう、傘7にはならなかったのですがどちらでもないがまた1増えました。
この人なかなかやり手で午前中着で送っているのに自分で夜間の配達に変更して最終で
受取になられました。
そしたらこんな評価に。
何があったのかわからなかったので、(こっちは午前中着で送ってるので)聞いたんですよ。
そしたら受け取ったら死んでた。と。写真撮ってないからもういい!ってブチ切れぎみに嫌味を
言われました。
勿論、普段週に数十件送っていますのでそんな事ないでしょうと思い、何が問題だったのか教えて欲しいし
こちらに何か問題があったのなら補償はちゃんとしますのでって連絡してもそこから連絡ナッシング。
腑に落ちないので伝票番号で調べたら午前中配達を受取者依頼で
最終便に変更と言われたわけです。
そりゃ、朝からトラックの荷台に乗せられたままこんなクソ熱いなか置いてたら
おかしくもなりますわ。しかも商品ミジンコでコンパクトの箱でした。
発泡の箱なら大丈夫だったのですがまさか午前中着がそのまま最終便に変更されているとは
想定外でしたよ。それを黙ってるのも想定外でしたが。
最初からそう言って連絡してくれれば配達まで営業所内の涼しいとこで保管してて下さいって
お願いすれば良かっただけなのにそれをこっちに責任転換されてもね~。

今朝、その報告を相手の方にしたのですがやはり返事はナッシングです。
これで僕が相手の評価を下げたらさらに報復されるのでしょうか。
悩ましいところです。

いくつか質問があったので

2017/06/19 Mon

生クロレラですがにわかにブームの兆しがあるのは良い事なのですが
全くもって意味のない使い方をされている方が多すぎて少し困惑気味です。
質問を投げかけてこられる方の真意がイマイチわからないと言いますか
そんな事にどんな意味があるの?と反対に質問したいです。

どういった事かというとまず、めだかの生まれたての稚魚に対して
グリーンウォーターと言いましょうか青水と表現した方が良いのでしょうか
まあ、どちらでも構わないのですが、それを再現するためにクロレラを入れられる方が
多いんですね。
あながち間違いではないのですが正解でもありません。
全く新しい入れ物に水とクロレラを入れて稚魚にどんな効果があるのでしょうか?
クロレラがエサになってるのでしたら意味があるのですが残念な事にクロレラは
顕微鏡で見てもわかるようにワムシよりもさらにもっともっと小さいのですよ。
つまり、クロレラはめだか飼育においてはワムシやミジンコのえさでしかないわけです。
めだかの餌ではありません。(笑
野外飼育であればワムシはどこからともなく混入してきてそこへクロレラが入れば
増殖します。稚魚がワムシを食べて育つしワムシが水質安定にも一役かってくれて
良い事尽くめです。
馬鹿正直に物を申すとクロレラだけだと効果は100のうち多分5~10ぐらい。
ワムシやミジンコを併用してその効果は90にも100にもなるんじゃないでしょうか。
まあ、世の中でそれが理解出来ている方が何人いるのか?
僕の知ってる限りでは本当に数名でしょうか。
使ってて分からないのは仕方ないと思います。教えてくれる人が今までいなかったのと
そんな事書いてる飼育書もないしね。
でもね、販売は別なんですよ!
たかだか春ぐらいから使ってみてもうプロ気取り。(笑
僕は普通の人が失敗する事は大概失敗してきましたので
みんなの気持ちが判ります。
なのでおそらく学術的な事は別次元としても飼育についてだったらほとんど
速攻で答えれると思っています。
お金をいただくんですからプロでないとね。

今日はお休みなのか?

2017/06/18 Sun

昨日はすごレスポンスが良かったのに今日は今の所無反応では寂しいですね。

ほっといてワムシの話をしましょう。
え~、実は僕が培養している淡水ワムシは2種類ありまして
分類みたいな事は非常にややこしいので本日は割愛させていただきます。
すごくマニアックな話になるのですが固着性の強い種類と浮遊性の強いワムシを
使いわけているのです。
普段は浮遊性の方を扱っています。
固着性の方はどうしてるかというと新しく水槽をセットした時とかに
濾材にワムシが活着してくれるのですごく立ち上がりが早く安定に長けているわけですよ。
まあ、ある程度の量が必用なので少しクロレラを添加してやって3~5日でパリッと透明になるのですが
その時点でワムシの数はピークに達しているわけです。
まあ、実際はそこからクロレラを与えないと増えませんませんのでワムシは減っていく一方なのですが
それでも大量のワムシが濾材に活着して濾過を助けてくれているわけです。
こんな事を書いているとなんかボク、アクアの専門家みたいですね。(笑
こんな事を書いている今、二日酔い2日目なのですが。
crim08.jpg
コージーさん用のワムシ育成口座の始まりです。
まず、きれいなプラケースを用意します。
今回は水を5L入れてみました。
crim07.jpg
クロレラを5cc入れてみました。これぐらいがナイスな濃度だと思います。
crim06.jpg
ここへ普段販売しているワムシの入った培養液を500ccぶっこみます。
crim05.jpg
こんな感じで何も変哲もありませんね。
ここからエアーレーションをぶっこんで培養開始って感じです。
またクロレラの濃度の変化をみんなで勉強しましょう。


教え~て~お爺さん!
アルプスのハイジの歌で口ずさんで下さいね。
今日は申告が遅かったんですね。
日曜日なので家族サービスだったんでしょうか?
家族に対して貴方のやってることは自慢げにしゃべれるような事なんでしょうか。
匿名を良い事にストーカーチックに嫌がらせをするなんて人間として最低な部類ですね。
僕からするとミジンコ水槽に入り込むボウフラぐらいの扱いになってしまいますが。
どんな気持ちでやっているのか判る形で意思表示して欲しいですね。(笑

暑いですね。

2016/07/22 Fri

今日、桑の葉っぱの収穫に行こうと家の前の川を上流へ2km。
すると道中、堤防の雑草の掃除をしている業者さんが多数。
少し嫌な予感がしました。
家の前の河原の桑の葉っぱではなくなぜ2km上流にしたかというと
ゲリラ豪雨があると都会の真っ直ぐなコンクリの川なのですぐに2~3m増水して
河原が水に浸かるのですよ。すると上流から流れてきたゴミが桑の木の枝に絡んで
汚いわけです。
なので増水しても浸からない場所にある木を目標に収穫に行ったのですが・・・。
やはり、根元からばっさり伐採されていました。
綺麗な大きな木が2本も無くなりました。
実は2km上流だと吹田市ではなく豊中市の管轄になるんですよね。
豊中市は金持ちなのかすぐに掃除するんですよ。
反対に我が吹田市は予算がないのかほったらかし。(笑

ああ、これで貴重な採集源をまた1か所失いました。
まあ、まだ裏の学校が手つかずなので余裕がありますが。

今日はそんな話をするのが目的では
淡水ワムシの持続的培養方法の考察について書こうかと。

1日おきぐらいのペースで顕微鏡で観察しているんですよ。
ゾウリムシ、ミドリゾウリムシ、ツボワムシ、ヒルガタワムシ、タマミジンコと。
培養しながら栄養条件なんかを少しずつ変えて
どんな組み合わせがヒットするのか色々試しているわけです。

そこで不可解な事が少しあったんですね。
新しく培養する為に種を移してうちの場合生クロレラがメインなので
濃い緑色になるのですが普通に考えると2~3日して培養が進み
数が増えて来てエサのクロレラが消費され増殖するので緑色が薄くなる。
理にかなった説明ですね。その通りだと思います。
でもね、実際に顕微鏡で観察するとそんなに増えていないんですよね。
どないかしたら種の密度と一緒ぐらい。ああ、でも全体数は増えているのか。
イメージ的にはもっとドカ~ンと爆発的に殖えているような気がしてたのですが
案外そうでもないようで実際に顕微鏡下で観察すると正確には判りませんが
0.1ml中にせいぜい5~10匹なんですよね。
10Lの容器で培養してると約500,000~1,000,000個体でしょうか。
そんなもんなのでしょうかね~。
どっかの水産試験所のデータによると1匹の生まれたての稚魚が一日に食べるワムシの
数って数匹らしいです。
まあ、実際めだかの稚魚に当てはまるのかはまた別の話ですが
少し海産の魚に比べめだかの稚魚は大きい気がしますので
5倍~10倍食べるとしても20~100匹ぐらいでしょうか。
すると100匹のめだかの稚魚を育てるならば
ワムシの培養液毎200ml与えれば十分って事ですね。

まあ、これで1日に与える量の目安が立ったわけですから
後は計画が立てやすいですね。
育てる稚魚の数量さえ判っていればどれだけの容器で培養すれば適切か
すぐに判りますね。

と、ここまでは理論の理詰めで誰にでもわかる事なのですが迷宮に迷い込むのは
ここからなんですよ。

この春から色んな事を試しているわけですがやってみて初めて判る事が多すぎで
情報の整理と考察にえらい時間がかかってしまいました。
多分ここからの話は僕だけじゃなくめだかをやられている方レベルであれば
みんな同じ事が起こっていると思われます。ある種、培養の壁と言えば良いのか。

要は同じ容器での連続培養が凄く難しいんです。
培養初期は多分ドカ~ンと増えているのですが3~4日をピークに今度は
ガク~ンと減っていくんですよ。
そこで培養液を半分捨てて新しい培養液を入れて再度培養するのですが最初のようには
殖えないんですよ。どないかしたらトントンぐらい。殖えもしない減りもしない。
でも、そこから種を少量取って真っ新の容器で培養をするとまた一定数まではドカ~ンと増える。
でもまた減るの繰り返し。
僕らにすると消費して継ぎ足し継ぎ足しで培養出来たら一番良いのですが
それも維持さえ難しく、培養条件にもよりますがある日突然全滅の日がやってくるのです。
消滅です。全くのゼロ。
学者じゃないので理由なんて判りませんがドライイーストを培養液に使うと特に
滅亡の日が近いです。(笑
ドカ~ンと増えるのはドライイーストが一番効果的なのですがその分衰退も早いというか・・・。

なので今、考えている最善の培養方法というのは1週間で中6日のローテーションですね。
そんなに大きな容器でなくて良いので1週間の培養で生体数がピークに来るように培地の
濃度を調整して毎日、1本使い切る、もしくは10%だけ残して種にして新しい培養液に入れて
培養するって感じでしょうか。なので培養槽が7本いるわけですね。
ミジンコも体感ですが同じような感じなので7本用意しようかと。
ミジンコの方は販売は難しそうですね。
培養用の種と培養液を販売するならアリかも知れませんが。誰か欲しいですか?(笑

ワムシの方は大体、つかめてきましたので1週間分の餌用としてだったら
売れるかも知れないですね。
プロフィール

年男のかば

Author:年男のかば
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR