Happy Life

ミジンコ活用術

2017/04/28 Fri

ミジンコですが培養したミジンコは普段使ってるスドーの
しなりネットで掬っています。
ネットの目の感じがちょうど良い塩梅なのですよ。
成熟したミジンコは勿論、若い未成熟なミジンコもそれなりに掬えます。
プラケースにきれいな水を入れて掬ったミジンコをネットに入れたままゆすってやると
若い未成熟なミジンコの幼生が落ちていって成熟した親ミジンコがネットに残るのです。

親ミジンコは種親のめだかに与え、幼生ミジンコは孵化してしばらく経った稚魚に
与えるのですがこれがまた具合が非常に良いのです。
もうブラインが要らなくなるかも!

昼からでも時間が取れたら写真をアップしたいと思っています。

そうそう、以前にも書きましたがこのスドーのステンレスのしなりネットですが
使い勝手がよろしいです。
アクアライフもそういった商品を紹介すれば良いのにね!
スポンサーサイト

酸素供給に失敗

2017/04/24 Mon

前回お伝えしたペットボトルとドリンクホルダーを利用した酸素供給方法ですが
効果がない事を確認いたしました。(笑

考えられる原因はやはり水流のなさですね。
水流がほぼゼロなので水が動かず酸素が溶けていかない様子。

水流がダメなのと溶存酸素量を増やす工夫は一筋縄ではいかないようですね。
なので空いてるスペースに水槽を並べてミジンコ水槽を増やす事に決定。
60cm水槽を新たに6本セットしてミジンコを培養します。
小技が無理なら面積で勝負するしかありません。
4月に入って販売量が大変伸びていますのでもっと生産しないと自分の所で使うミジンコが
確保出来ません。
種親には全てミジンコを与えるようにしたいですね。

実はあんまり気持ちよくない

2017/04/17 Mon

ミジンコの培養セットをヤフオクで出品していて続けていればそれなりに
売れ出しているのですが最近しょうもない事をわざわざ質問して嫌がらせをしてくるミジンコ出品者が
います。
なんでミジンコ出品者かというとわざわざ新規のIDで質問してくるんですよ。
ネチネチした質問を。クロレラの事をね。初心者はそんな事気にならんもんね~。
正味な話をこの際だからしますが生クロレラですがもし個人の人が1Lサイズを
ネットで探して購入すると日海だと500ccの時点で3600円です。
太平洋貿易ってところだと5940円です。
大分の人だと360で2000円です。
他の海水魚屋さんだと100mlで900円です。
みんなけっこう良い価格で販売しているでしょう。
やっぱり賞味期限があるのと冷蔵保存ということがネックなのかなぁ~。
それに比べたらボク一番良心的な価格設定やわ。

判ってもらいたいのは儲けも必要やけどめだかの稚魚にどうっやったら高栄養で
色揚げ効果も高いエサがあげれるか!ってのがスタートなわけですよ。
これが田舎の人間なら野池でミジンコで終わった話だったのですがいかんせん大阪の都心部から
車で15分なんでミジンコがわいてるな所が近所にないんですよ。
だったら自分で作るしかないって感じでちょうど1年が経ってなんとかちまちまと継続出来ているってところですね。
最初はわからない事だらけで失敗の山積みですよ。
成功した事案よりも失敗の事案の方が絶対多い。
色んな伝手を伝って行き着いたのが同じようにミジンコ培養で儲けようとした金魚屋さんがいてて
その人からノウハウを勝手に伝授してもらいました。いわゆるパクリですね。(笑
だってそれまで散々失敗しているから自分のやり方とどう違うかをパッと見ただけで判ってしまったんやもん!
言葉で説明受けなくても一目で違いが判り悩みの大半は解決しました。
結局のところ失敗の山を築いたからこそ説明もなしで正解にたどり着けるわけですよ。
これが失敗がなければ事細かく説明を聞いたところで理解できて正解にたどり着けたのかというと
絶対にそうじゃないと思う。多分ですがそれなりに失敗はある程度繰り返していたと思います。

なので皆さんも出来れば最初から質問ぜめするんじゃなくてまずは失敗してください。
失敗したら的確な質問のポイントも判ります。
何も判らない状態で質問されてもどれ位のレベルで話した方が良いのか判りませんからね。
そうそう先のミジンコ培養のパイオニアの金魚屋さんですが儲からないのでミジンコは辞めたようです。(笑

こんな感じでミジンコ頑張っています。

2017/03/31 Fri

P3302934_1.jpg
P3302932_1.jpg
P3302928_1.jpg
P3302927_1.jpg
P3302945_1.jpg

最後はワムシですね。
良い顕微鏡が欲しいのですが良い機種は高いです。
後輩にキーエンスの社員がいるのでどんな価格か聞いてみたのですが
5本からです。と言われました。
げぇ~50万!って言ったら、ちゃうちゃう500ですぅ~!って。
カタログとか要りますかますか?と言われましたが
けっこうですとお断りしましたよ。(笑
だってねワムシとミジンコ見るだけでさすがに500万はないですよね。
10万ぐらいならちょっと真剣に考えますが・・・。
またヤフオクで程度の良さそうな中古を選んでみようかな~。
kyuuban.jpg
昨日のクルマ用の吸盤付きドリンクホルダーですがこんなのです。
そしてこんな感じで使います。
kyuban02.jpg
これでこのボトルの中に純酸素を入れて溶かしてやるわけなのですが
表面積を増やさないといけないのでボトルの口の方を切ってやるわけですが
そうするとボトルの強度が減ってしまいグシャっと潰れてしまうんですよ。
炭酸飲料用の硬質ボトルでやってもこれは構造上の問題みたいでダメでした。
アクリル屋さんに特注して透明な筒を作ってもらうか・・・。
また高くつきますね。製品として誰か購入してくれるだろうか?(笑
それで肝心の培養ですが45cm水槽6本のうち3本にペットボトルを
取りつけ比較実験していますので結果はまた1週間後ぐらいに発表です。
良ければアクリル屋さんに発注してみます。

顕微鏡写真で撮影しましたが

2017/03/30 Thu

顕微鏡のセッティングがあまりにも久しぶりだったので
上手に観察できませんでしたがワムシとミジンコは順調に培養出来ていました。

ただ、やはりなのですが友人のシュリンプショップから送ってもらった
ケンミジンコらしきミジンコはタマミジンコも混じっていたようで今ではすっかり
タマミジンコです。
観察してて10%ぐらいですがケンミジンコも混じっていました。
なので僕にできるかどうか判りませんが顕微鏡下でスポイトでケンミジンコだけを
分離抽出して純粋培養しないといけないわけですが出来るかどうか怪しい感じですね。
出来ればお金を出してでも純粋な株があれば購入したいぐらいです。(笑

昨日、友達のショップに発注していた水中蛍光灯用の大型のキスゴムを
引き取りに行ってきました。
なんと1つ900円!高っけえ~!4つで3600円でした。
もう一つはクルマ用の吸盤付きドリンクホルダー、こちらは500円ぐらいでした。
これで500mlのペットボトルを半分に切って水槽内に固定して
中に純酸素を入れて溶かしてやるわけです。
酸素は必要なのに水流がNGという矛盾に対しての最大限の解答なわけですが
果たして効果があるのか?
大きな酸素ボンベはあるので酸素のコストはほぼタダみたいなもんですので
効果があって欲しいですね。
昔、記事に書いていたオキシデーターと原理は一緒にですね。
空気をエアーレーションして酸素を溶け込ますんじゃなくてダイレクトに
酸素を溶け込ませるわけです。
若干の水流があれば尚、良いのですがそこは水流なしで試してみます。
これでミジンコやワムシの培養の密度が上がってくれれば良いのですが。

先日、ガイアの夜明けで「バクチャー」っていう用岩石を砕いた粉を入れて
水質改善させるみたいなのでウナギとかアワビの養殖をやってましたね。
バクテリアの働きを活性化させて水質を良好に保つ点では合格ですが
高密度、大量飼育、過剰投餌の状態では硝酸塩の蓄積とPHを下げないようにするための
バッファ効果で総硬度の上昇が懸念されますね。
まあ、睡蓮鉢に10匹程度いれて蒸発した水を足すぐらいの環境でなら使えそうな
感じでした。
まあ、ミジンコに対してはバクチャーよりも酸素が重要です。
プロフィール

年男のかば

Author:年男のかば
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR